マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス
トランペット奏者
マイルス・デューイ・デイヴィス三世は、アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者。アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られている。日本には彼を「ジャズの帝王」、「モダン・ジャズの帝王」と呼ぶファンや評論家も多い。 ウィキペディア
生年月日: 1926年5月26日
生まれ: アメリカ合衆国 イリノイ州 アルトン
死没: 1991年9月28日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンタモニカ
影響を与えた人: ディジー・ガレスピー、 チャーリー・パーカー
マイルス・デイヴィスの名言一覧

●オレにとって、音楽も人生もスタイルがすべてだ。
英文:For me, music and life are all about style.

●自分は自分のやり方でやらないと。誰のコピーもしちゃいけない。

●それがどうした?
英文:So what?

●音楽は競争じゃない。協調だ。一緒に演奏して、互いに作り上げていくものなんだ。

●終わってしまう前に、終われ。

●明日に向かって何もしないなんて、オレには耐えられない。

●その時に起こりつつあることに対して、オープンじゃないといけない。

●何かがおかしくなりはじめた時に指摘してくれる人間を人生で一人でも見つけられれば、とても幸運だ。

●音楽は、それだけで何かを語るものだ。

●誰だって、いつもと違うことをやらなければならない状況に置かれたら、特別な考え方をしなきゃならない。もっと想像力を働かせ、創造的にも革新的にもなって、冒険をしなきゃならない。

●オレは現状に甘んじる人間は好きじゃない。常に前進し、変化を求める人間が好きだ。

●音楽における自由というのは、自分の好みや気持ちに合わせて、規則を破れるように規則を知っている能力だ。

●マイルス・デイヴィスはブーイングを浴びた。ハンク・ウィリアムズはブーイングを浴びた。ストラヴィンスキーもブーイングを浴びた。君もたまにブーイングを浴びないと何者でもなくなる。
英文:Miles Davis has been booed. Hank Williams was booed. Stravinsky was booed. You’re nobody if you don’t get booed sometime.

●自分自身の何かを創造している時は、限界なんてない。
英文:When you’re creating your own shit, man, even the sky ain’t the limit.

●オレみたいに何か新しいことをやろうとする人間は、無視されるリスクをいつも背負っているんだ。

●音楽は何より雄弁に物語っている。言葉や説明はいらない。そんなもので補足しなけりゃいけない音楽なんてオレには意味がない。

●他人が何か言ってきても、重要なことでなければ、「勝手にしやがれ」と言うことにした。それからというもの、オレの人生はスムーズに転がりはじめたんだ。

●人間だったら自分の気持ちに正直に生きるべきだ。好きなら好きと言えばいい。気に食わないのなら、そう言えばいいんだ。オレは妥協も我慢もしない。

●いちばん大切なのは、自分だけのサウンドだ。それがない限り、どんなメロディを演奏しても意味がない。

●自分が重要と思わない限り、他人がどう思おうとオレには関係ない。

●自分の手の内を一通り出してしまったら、今度は違うことをやれ。

●ジャンルというヤツは嫌いだ。そんなもの、音楽には関係ないだろう。

●伝説というのは、過去の業績にしがみついている老人のことだろ。オレは今でも現役だ。
英文:A legend is an old man with a cane known for what he used to do. I’m still doing it.

●規則どおりにやってうまくいかなければ、規則を破ることだって平気でやった。

●先に演奏するぞ、曲名はあとで教える。
英文:I’ll play it first and tell you what it is later.

●偉大なバンドを作り上げるためには、全員の犠牲が必要で、それなしじゃ何も起こらない。

●立派なジャズを演奏するには、実際の生活や経験を通じてはじめて身につく、人生に対する理解とか感情といったものが必要なんだ。

●どんな種類であれ、いい音楽はいい。
英文:Good music is good no matter what kind of music it is.

●ふり返るな。謝るな。説明するな。同じことを繰り返すな。

●オレは、地球上で最高のサウンドは人間の声だと思っている。だからシンガーが歌うようにトランペットを吹いている。

●相手の音楽を理解するっていうのは、その人間を理解するってことじゃないか。肌の色なんて関係ない。

●失敗を恐れるな。失敗なんてないんだ。
英文:Do not fear mistakes. There are none.

●毎日一歩ずつ前進するように、がんばり続けるだけだ。そうだ一歩ずつだ。

●すべて学び、そして忘れろ。
英文:Learn all that stuff and then forget it.

●時代は変わったんだよ。やりたいようにやっていい。

●そこにあるものではなく、ないものをプレイするんだ。知っていることではなく、知らないことをやる。変化しなければいけない。それは呪いのようなものだ。
英文:Don’t play what’s there, play what’s not there. Don’t play what you know, play what you don’t know. I have to change, It’s like a curse.

●必要なのは才能じゃない。練習、練習、練習、それだけだ。

●オレの未来は、毎朝起きた時にはじまる。
英文:My future starts when I wake up every morning.

●まずは教えてやることだ。今度は、それが自分に返ってくる。

●人生は変化であり、挑戦だ。

●試練はいつだってオレを10倍強力にするからな。チャレンジするのは大好きだ。

●すべてが目標に向かっての勉強なんだと自分に言い聞かせていた。

●あいつみたいになる。あいつよりうまくなってやる。なんてそんなことに囚われてはいけない。

●グループを作る場合は、いろいろな人間を混ぜないと駄目だ。持ち味ってもんが違うからな。

●オレは、楽な生き方には興味はない。

●同じところなんかにずっといたくない。クリエイティブなことができないなら、死んだ方がましだ。生きてる意味がないじゃないか。

●すべての芸術的表現における創造性や才能には、年齢なんてないんだ。年季はなんの助けにもならない。

タグ