ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトはオーストリアの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。 ウィキペディア
生年月日: 1756年1月27日
生まれ: オーストリア ザルツブルク
死没: 1791年12月5日, オーストリア ウィーン
影響を与えた人: ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
映画: ドン・ジョヴァンニ
Wolfgang-Amadeus-Mozart.jpg

モーツァルトの名言一覧

●結婚したらいろいろ分かってきますよ。いままでは半分謎だったことが。

●金持ちは友情というものをまったく知りません。とくに生まれたときからの金持ちは。

●音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。
英文:Music is my life and my life is music. Anyone who does not understand this is not worthy of god.

●他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。
英文:I pay no attention whatever to anybody’s praise or blame. I simply follow my own feelings.

●新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす。

●ともあれ、われわれはここからまだ何かを学び取ることが出来る!

●私達の財産、それは私達の頭の中にあります。
英文:Our riches, being in our brains.

●もう最期の時が告げているのを感じます。・・・自分の運命は変えられません。何ごとも摂理の欲するとおりになりましょう。

●良く喋り、能弁であることは、偉大な技術であるが、喋るのを止める適切な時を知ることも、同様に偉大な技術である。
英文:To talk well and eloquently is a very great art, but that an equally great one is to know the right moment to stop.

●望みを持ちましょう。でも望みは多すぎてはいけません。

●音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく、主要な事柄はテンポだ。

●わずかの違いを大切に。

●夢を見るから、人生は輝く。

●僕は貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心だ。

●旅をしない音楽家は不幸だ。

●高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても天才の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが、天才の神髄である。
英文:Neither a lofty degree of intelligence nor imagination nor both together go to the making of genius. Love, love, love, that is the soul of genius.

●多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけすることだ。
英文:The shorter way to do many things is to do only one thing at a time.

●音楽は決して耳ざわりであってはならない。むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない。
英文:Music should never be painful to the ear but should flatter and charm it, and thereby always remain music.

タグ