津田梅子

津田梅子
つだ うめこ
教育者
津田 梅子は、日本の教育者。日本における女子教育の先駆者と評価される。 初名はうめで、明治35年に漢字表記に改めて「梅子」とした。 ウィキペディア
生年月日: 1864年12月31日
生まれ: 江戸
死没: 1929年8月16日, 神奈川県 鎌倉市
親: 津田仙
設立団体: 津田塾大学
津田梅子の名言一覧

●環境より学ぶ意志があればいい。

●先生をするのであれ、主婦になるのであれ、どのような方面の仕事をするのであれ、高尚な生活を送るように努力してください。古い時代の狭量さ、偏屈さを皆さんから追い払い、新しいことを求めつつ、過去の日本女性が伝統として伝えてきたすぐれたものはすべて保つ努力をしてください。

●男性と協力して対等に力を発揮できる自立した女性の育成

●東洋の女性は、地位の高い者はおもちゃ、地位の低い者は召使いにすぎない。

●何かを始めることは優しいが、それを継続することは難しい。成功させることはなお難しい。

●高い志と熱意を持ち、少数だけでなく、より多くの人々との共感を持てれば、どんなに弱い者でも事を成し遂げることができるでしょう。

タグ