ジャン=ポール・サルトル哲学者

ジャン=ポール・サルトル
哲学者
ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトルは、フランスの哲学者、小説家、劇作家。内縁の妻はシモーヌ・ド・ボーヴォワール。強度の斜視があり、1973年には右目を失明した。 ウィキペディア
生年月日: 1905年6月21日
生まれ: フランス パリ
死没: 1980年4月15日, フランス パリ
著書: 嘔吐、 存在と無、 自由への道
作品: 出口なし、 悪魔と神
影響を与えた人: シモーヌ・ド・ボーヴォワール、 アルベール・カミュ
photo_Jean-Paul_Sartre.jpg

サルトルの名言一覧

●ひとは各々の道を創り出さなくてはいけない。

●成功とは、品性と知性の証拠であり、また、神聖な保護を受けた証拠である。

●人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである。

●悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。

●批評家とは、他人の思想について思考する人間である。

●人間は、時には自由であったり時には奴隷であったりすることはできないであろう。人間は常に全面的に自由であるか、あるいは常に全面的に自由でないか、そのいずれかである。

●一人ひとりの人間が究極の絶対的な自由を持っている。

●すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。
英文:Everything has been figured out, except how to live.

●金持ちが戦争を起こし、貧乏人が死ぬ。
英文:When the rich make war, it’s the poor that die.

●現代の資本主義社会には生活はない。あるものはただ宿命だけだ。

●インテリというのは真の革命家ではない。暗殺者になるくらいが関の山だ。

●人間の運命は人間の手中にある。

●人間は、自らの行動の中で、自らを定義する。

●いかなる人間でも生きながら神格化されるには値しない。

●過ぎ去る時間とは失われた時間であり、怠惰と無気力の時間であり、いくたびも誓いを立てても守らない時間であり、しばしば引越しをし、絶えず金の工面に奔走する時間である。

●われわれの自由とは、今日、自由になるために戦う自由な選択以外のなにものでもない。

●自由とは、自由であるべく、不自由になることである。

●チェ・ゲバラは20世紀で最も完璧な人間だ。
英文:Che was the most complete human being of our age.

●嘘とは、私がつくったものではなく、階級に分かれた社会に生まれたものである。だから、私は生まれながら嘘を相続している。

●人間は状況によってつくられる。

●地獄とは他人のことだ。
英文:Hell is other people.

●青春とは、実に奇妙なものだ。外を見ると、赤く輝いているが、内から見ても、何も感じられない。

●もっといい時代はあるかもしれないが、これは我々の時代なのだ。我々はこの革命のただなかに、この生を生きるよりほかはないのである。

●人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、これからもちうるものの合計である。
英文:Man is not the sum of what he has already, but rather the sum of what he does not yet have, of what he could have.

●まず第一に理解しなければならないことは、自分が理解していないということである。

●生きることと書くことを、作家は一つにすべきだ。

タグ