ウィンストン・チャーチル

ウィンストン・チャーチル
元イギリスの首相
ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチルは、イギリスの政治家、軍人、作家。 ウィキペディア
生年月日: 1874年11月30日
生まれ: イギリス ブレナム宮殿
死没: 1965年1月24日, イギリス ロンドン
配偶者: クレモンタイン・チャーチル (1908年 - 1965年)
親: ランドルフ・チャーチル、 ジャネット・ジェローム
著書: 第二次大戦回顧録抄
churchill_wind_m02.jpg

チャーチルの名言一覧

●行動する事は少しも恐れはしない。恐れるのは、ただ無為に時を過ごす事だけだ。
英文:I never worry about action, but only inaction.

●愉快なことを理解できない人間に、世の中の深刻な事柄がわかるはずがない。

●勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない。
英文:Without courage, all other virtues lose their meaning.

●私はいつでも学ぶことをいとわないが、教えられるのをいつも好むわけではない。
英文:I’m always ready to learn, although I do not always like being taught.

●私は楽観主義者だ。それ以外のものであることは、あまり役に立たないようだ。
英文:I am an optimist. It does not seem too much use being anything else.

●統計とは、街灯の柱と酒を飲むようなもの。照明というより、支え棒としてのほうが活用されている。
英文:Statistics are like a drunk with a lamppost: used more for support than illumination.

●私たちが勝ったとしても、たいしたことじゃない。でも、私たちが負けたら、かまってくれる人など誰もいなくなるだろう。
英文:If we win, nobody will care. If we lose, there will be nobody to care.

●我々は得ることで生計を立て、与えることで生きがいを作る。
英文:We make a living by what we get, but we make a life by what we give.

●今は終わりではない。これは終わりの始まりですらない。しかしあるいは、始まりの終わりかもしれない。
英文:Now this is not the end. It is not even the beginning of the end. But it is, perhaps, the end of the beginning.

●私が書くつもりになるくらいだから、歴史は私にとって親切なのだろう。
英文:History will be kind to me, for I intend to write it.

●短い言葉が最高だ。なおかつ古い言葉なら、まったく申し分ない。
英文:The short words are the best, and the old words best of all.

●凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。
英文:Kites rise highest against the wind – not with it.

●復讐ほど高価で不毛なものはない。

●全力を尽くすだけでは十分ではない。時には必要なことをやらなければ。
英文:It is not enough that we do our best; sometimes we must do what is required.

●敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。
英文:You have enemies? Good. That means you’ve stood up for something, sometime in your life.

●何が本当に自分の利益であるか、ということを知ることは容易ではない。

●大切なことは、力のない人の言葉が認められることである。

●完全主義では、何もできない。

●成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。
英文:Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.

●先を見すぎてはいけない。運命の糸は一度に一本しかつかめないのだ。
英文:It is a mistake to try to look too far ahead. The chain of destiny can only be grasped one link at a time.

●不利は一方の側にだけあるものではない。

●勇気とは、起立して声に出すことである。勇気とはまた、着席して耳を傾けることでもある。
英文:Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen.

●目前にせまった困難や大問題にまともにぶつかること。そうすればその困難や問題は、思っていたよりずっと小さいことがわかる。しかし、そこで逃げると、困難は2倍の大きさになってあとで襲ってくる。

●回想していると、ある老人の話が思い出される。その老人は死の床でこう言ったのだ。生きている間には数々の心配ごとがあったが、その心配が当たったことはほとんどなかった。

●金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う。

●民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試されたすべての形態を別にすればの話であるが。
英文:It has been said that democracy is the worst form of government except all the others that have been tried.

●我々の目的は、勝利、この二字であります。あらゆる犠牲を払い、あらゆる辛苦に耐え、いかに長く苦しい道程であろうとも、戦い抜き勝ち抜くこと、これであります。

●偉大さの代償は、責任である。
英文:The price of greatness is responsibility.

●誠実でなければ、人を動かすことはできない。人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。自分が涙を流さなければ、人の涙を誘うことはできない。自分が信じなければ、人を信じさせることはできない。

●世の中で、最もよい組み合わせは力と慈悲、最も悪い組み合わせは弱さと争いである。

●向上とは変化である。完全になるとは、しばしば変化することである。
英文:To improve is to change; to be perfect is to change often.

●幾度となく過ちを犯すだろう。だが、寛大で誠実で情熱を持っていれば、世界を傷つけることも深刻に悩ませることもない。
英文:You will make all kinds of mistakes; but as long as you are generous and true, and also fierce, you cannot hurt the world or even seriously distress her.

●過去をより遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう。
英文:The farther backward you can look, the farther forward you are likely to see.

●態度と言うのはちょっとしたものだが、大きな違いを生み出す。
英文:Attitude is a little thing that makes a big difference.

●どんなことでも、大きいことでも、小さいことでも、名誉と良識とが命ずるとき以外は、断じてゆずるな。力に対し、ことに敵の圧倒的優勢な力に対しては、断固として絶対にゆずってはいけない。

●世界とは、若者にくどかれ勝ち取られるためにある。

●もしあなたが、過失を擁護する態度をとるだけであれば、進歩の望みはないだろう。

●人生最大の教訓は、愚かな者たちでさえ時には正しいと知ることだ。
英文:The greatest lesson in life is to know that even fools are right sometimes.

●私は血と苦労、涙と汗以外に捧げるべきものを持たない。
英文:I have nothing to offer but blood, toil, tears, and sweat.

●嘘が世界を半周したころ、真実はまだズボンを履こうとしている。
英文:A lie gets halfway around the world before the truth has a chance to get its pants on.

●私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである。
英文:My most brilliant achievement was my ability to be able to persuade my wife to marry me.

●事前にあわてふためいて、あとは悠然と構えているほうが、事前に悠然と構えていて、事が起こった時にあわてふためくよりも、利口な場合がある。

●一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。

●重要なポイントを突くときは、如才なくやろうとか巧妙にやろうとか思ってはいけない。ポイントを一突きせよ。

●変転する状況のただ中で、ひとりの人間が終始一貫性を保つただひとつの可能性は、すべてを支配する不変の目標に忠実でありながら、状況に応じて変化することにある。

●力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。
英文:Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.

●資本主義の欠点は、幸運を不平等に分配してしまうことだ。社会主義の長所は、不幸を平等に分配することだ。
英文:The inherent vice of capitalism is the unequal sharing of blessings. The inherent virtue of socialism is the equal sharing of miseries.

●築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。
英文:To build may have to be the slow and laborious task of years. To destroy can be the thoughtless act of a single day.

●もしも地獄の真っ只中にいるのなら、そのまま突き進むがいい。
英文:If you’re going through hell, keep going.

●いらぬ取り越し苦労をするよりも、前もって考えたり計画するほうが大事だ。

●孤独な木は、仮に育つとすれば丈夫に育つ。

●現在我々は悪い時期を通過している。事態は良くなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかし我々が忍耐し、我慢しさえすれば、やがて良くなることを私は全く疑わない。

●夢を捨てるとき、この世は存在しなくなる。

●決して屈するな。決して、決して、決して!
英文:Never, never, never, never give up.

●私が義務感と信念に基づいて行動している限り、いくら悪口を言われようと何ともない。害になるよりはむしろ益になるくらいだ。

●好転する前には、悪化するという段階もあり得る。

●悲観主義者はあらゆる機会の中に問題を見出す。楽観主義者はあらゆる問題の中に機会を見出す。
英文:A pessimist sees the difficulty in every opportunity; an optimist sees the opportunity in every difficulty.

●成功とは、失敗を重ねても、やる気を失わないでいられる才能である。
英文:Success is the ability to go from failure to failure without losing your enthusiasm.

●日々正直に行動することが、成功に達する最も確実な道だ。

●正直であることは立派なこと。しかし正しくあることも大事だ。
英文:It is a fine thing to be honest, but it is also very important to be right.

●たとえ生死の境にあって、気持ちが極度に張りつめている時でさえも、他人の人生を思いやり、人類を支配する法則とは何であるかを考えてみるとすれば、必ず何らかの報酬が返ってくる。

●私は豚が好きだ。犬は我々を尊敬し、猫は我々を見下す。しかし、豚は我々を対等に扱ってくれる。
英文:I like pigs. Dogs look up to us. Cats look down on us. Pigs treat us as equals.

タグ