ウディ・アレン

ウディ・アレン
映画監督
ウディ・アレンは、アメリカ合衆国を代表する映画監督。俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者など様々な顔を持つ。アカデミー賞に24回ノミネートされ、監督賞を1度、脚本賞を3度受賞している。身長は160cmと小柄。本名はアラン・スチュアート・コニグズバーグ。 ウィキペディア
生年月日: 1935年12月1日 (80歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク ブルックリン区
作品: ブロードウェイと銃弾、 神、 漂う電球、 Play It Again, Sam
配偶者: スン=イー・プレヴィン (1997年から)、 ルイーズ・ラサー (1966年 - 1970年)
子: ローナン・ファロー、 ディラン・オサリヴァン・ファロー、 マンジー・ティオ・アレン、 モーゼス・ファロー
ウディ・アレンの名言一覧

●私を会員にするようなクラブには入りたくない。
英文:I’d never join a club that would allow a person like me to become a member.

●頭で理解できることに価値はない。
英文:Anything worth knowing cannot be understood by the human mind.

●世の中には2種類の人間がいる。善人と悪人だ。安眠できるのは善人のほうだが、起きている時間をはるかに愉しんでいるのは悪人のほうだ。
英文:There are two types of people in this world, good and bad. The good sleep better, but the bad seem to enjoy the waking hours much more.

●私はあの世なんて信じない。だけど、着替えと、少しばかりの金は持っていくつもりさ。

●もし時々失敗することもないというのなら、それはあなたがあまり革新的なことをしていないという証拠だ。
英文:If you’re not failing every now and again, it’s a sign you’re not doing anything very innovative.

●時々は失敗することを覚悟できないなら、チャンスもない。

●死ぬということは、楽に寝そべっていてできるわずかな事柄のうちのひとつである。
英文:Dying is one of the few things that can be done as easily lying down.

●恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる。
英文:To love is to suffer. To avoid suffering, one must not love. But, then one suffers from not loving.

●人生は悲惨かみじめかどちらかでしかない。
英文:Life is divided into the horrible and the miserable.

●時間とは、すべてのことが同時に起きるのを防ぐ、自然の法則である。
英文:Time is nature’s way of keeping everything from happening at once.

●もし存在なんてものはなく、すべては誰かの夢だったとしたらどうだろう?
英文:What if nothing exists and we’re all in somebody’s dream?

●死ぬ間際の彼の最後の言葉は、”最近『白鯨』を読み出したのに、結末を知らずに死ぬのが残念だ”

●私は速読のクラスを取り、『戦争と平和』を20分で読んだ。ロシアについて書いてあったと思う。
英文:I took a speed-reading course and read ‘War and Peace’ in twenty minutes. It involves Russia.

●成功の80%は、その場に現れること。
英文:Eighty percent of success is showing up.

●自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ。
英文:Confidence is what you have before you understand the problem.

●君にとって僕は無神論者だろう。でも神にとって僕は誠実な反対勢力なのだ。
英文:To you, I’m an atheist. To God, I’m the loyal opposition.

●人生はみじめさ、孤独、苦しみに溢れている。そしてそれはあまりに早く終わってしまう。
英文:Life is full of misery, loneliness, and suffering – and it’s all over much too soon.

●人生は芸術を手本にしない。質の悪いテレビ番組を手本にするのだ。
英文:Life doesn’t imitate art, it imitates bad television.

●死ぬのは怖くない。ただ事が起こる時、そこに居合わせるのがイヤなんだ。
英文:I’m not afraid of death; I just don’t want to be there when it happens.

●僕は現実が嫌いだ。でもおいしいステーキを食べるのにこれ以上の場所はない。
英文:I hate reality but it’s still the best place to get a good steak.

●もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい。
英文:If you want to make God laugh, tell him about your plans.

●今まで生きてきて残念に思うことのひとつは、僕が、僕以外の誰か他の人ではないと言うことだね。
英文:My one regret in life is that I am not someone else.

●恋愛とはサメのようなものだ。常に前進してないと死んでしまう。
英文:A relationship, I think, is like a shark. You know? It has to constantly move forward or it dies.

●神様は何かわかりやすい啓示をくれるべきだよ!たとえば、スイス銀行に僕名義でお金を振り込んでくれるとかさ。
英文:If only God would give me some clear sign! Like making a large deposit in my name at a Swiss bank.

●長続きするたった一つの愛は片想い。

タグ