トーベ・ヤンソン

トーベ・ヤンソン
画家
トーベ・マリカ・ヤンソンは、フィンランドのヘルシンキに生まれたスウェーデン系フィンランド人の画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家である。 ウィキペディア
生年月日: 1914年8月9日
生まれ: フィンランド ヘルシンキ
死没: 2001年6月27日, フィンランド ヘルシンキ
TV/映画: 楽しいムーミン一家、 楽しいムーミン一家 ムーミン谷の彗星、 劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション、 ハル、孤独の島
親: シグネ・ハンマルステン・ヤンソン、 ヴィクトル・ヤンソン
トーベ・ヤンソン.jpg

トーベ・ヤンソンの名言一覧

●人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなあ。その人にはその人なりの考えがあるからね。

●今日、ぼくらは、とびっきり特別なことをしなくっちゃ!だって、すばらしい天気になりそうだもの。
英文:Today we must do something very special, for it will be a glorious day.

●長い旅行に必要なのは大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ。

●僕は自分の目で見たものしか信じない。けど、この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ。

●あしたも、きのうも、遠く離れている。

●たとえ作品が壊れてしまったとしても、作ったときの感動は消えることはないんだ。

●生き物にとって自然に振る舞うというのはとっても大事なことなんだ。

●たまには休むのもひとつの仕事じゃない?

●その奥さん、親戚は多いし知り合いも沢山いたんだ。でもね、言うまでもなく“知り合いが沢山居たって友達が一人も居ない” って事は有り得るんだよ。

●ぼくは、あっちでくらしたり、こっちでくらしたりさ。今日はちょうどここにいただけで、明日はまたどこかへいくよ。テントでくらすって、いいものだぜ。きみたちは、どこかへ行くとちゅうかい?

●自然を感じるだろ…?強い風の前に立って自分達に向かって進んでくる雨を感じるのはなんて素晴らしいんだ。

●世の中にはね、思い通りになってくれない相手の方が多いんだよ。おべっかばかりを使って友達になろうとするやつも同じくらい多い。僕はそんなやつは大嫌いさ。

●僕は大嫌いなやつがひとりだけいるんだ。あの公園番さ。べからず、べからず、と書いてある札なんか全部引っこ抜いてやるぞ!

●人の涙をもてあそんだり、人の悲しみをかえりみない者が涙を流すなんておかしいじゃないか。

●いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ?

●あんまり大袈裟に考えすぎない様にしろよ。何でも大きくしすぎちゃ駄目だぜ。

●孤独になるには、旅に出るのがいちばんさ。




●それはいいテントだが、人間は、ものに執着せぬようにしなきゃな。すててしまえよ。小さなパンケーキ焼きの道具も。ぼくたちには、用のなくなった道具だもの。

●だれかを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ。
英文:One can never be truly free if one admires others too much.

●運命のドアも玄関のドアも開ける鍵穴は小さいものだよ。

●僕が探しているのは、おせっかいされないことさ。

●自分できれいだと思うものは、なんでもぼくのものさ。その気になれば、 世界中でもね。
英文:I own everything that I see and everything that pleases me. I own the entire world.

●おだやかな人生なんて、あるわけがないですよ。

●みんなに騒がられて、偉くなったように思ってはいけないよ。

●だめだよ。僕は孤独になりたいんだ。来年の春、また会おう。

●生きるっていうことは平和な事じゃないんですよ。

●ぼくたちは本能にしたがって歩くのがいいんだ。ぼくは磁石なんか信用したことがないね。磁石は方角にたいする人間の自然な感覚を、くるわせるだけさ。

●何か試してみようって時にはどうしたって危険が伴うんだ。

●この世にはいくら考えてもわからない、でも、長く生きることで解かってくる事がたくさんあると思う。

●君たちも大人になればわかるさ。ある意味で、大人は子どもよりももっと子どもみたいになることがあるんだよ。

●いつも優しく愛想良く、なんて、やってられないよ。理由はかんたん、時間がないんだ。

●大切なのは、自分のしたいことを、自分で知ってることだよ。

●なんでも自分のものにして、持って帰ろうとすると、むずかしいものなんだよ。ぼくは、見るだけにしているんだ。そして立ち去る時は、それを頭の中へしまっておくのさ。ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、ずっとたのしいね。
英文:Everything gets so difficult if you want to own things. I just look at them – and then when I continue on my way I can remember them in my head. I prefer that to dragging a suitcase.

●いずれどっかへいくだろうさ…。それともどこへもいかないのかもしれないぜ…。どっちでもいいさ。このままで、とてもたのしいじゃないか。

●僕は物心がついたときからたった一人で旅を続けてきた。多分、これからもそうするだろう。それが、僕にとっては自然なことなんだ。

●人の目なんか気にしないで、思うとおりに暮らしていればいいのさ。

●自由が幸せだとは限らない。

●眠っているときは、休んでいるときだ。春、また元気を取り戻すために。

タグ