高杉 晋作

高杉 晋作
たかすぎ しんさく
高杉 晋作は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。 諱は春風。通称は晋作、東一、和助。字は暢夫。号は初め楠樹、後に東行と改め、東行狂生、西海一狂生、東洋一狂生とも名乗った。他に些々などがある。 ウィキペディア
生年月日: 1839年9月27日
生まれ: 山口県 萩市
死没: 1867年5月17日, 山口県 下関市
配偶者: 井上 まさ (1860年 - 1867年)
高杉 晋作.jpg
名言-

国のことを考え、自分のことは考えなかった。しかしついに牢に入れられてしまった。世間の人が何と批判しようと構わない。ただ真心を持って静かに神と向かい合うだけである。


 


人は旧を忘れざるが義の初め。


 


「これぐらい大したものではない」と心で唱える。難しくて我慢できないことをこの方法で乗り切る。これは自分の中の神を見つめる心を研ぐ方法である。


 


天賦のかんによって、その場その場で絵をかいてゆけばよい。


 


苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか。


 


男児が事を成すには時があるのだ。たとえ市井の侠客と呼ばれても、胸にある一片の素の心は全く変わっていない。


 


茫然と生きてきたことが今となっては恥ずかしい。静かに座って慎んで将来を考える。そんな時に本を読んでみる。すると国に尽くす心が消えていないことが分かった。


 


どんな事でも周到に考えぬいたすえに行動し、困らぬようにしておく。それでもなおかつ窮地におちた場所でも「こまった」とはいわない。困ったといったとたん、人間は知恵も分別も出ないようになってしまう。


 


苦労する身は厭わねど、苦労し甲斐のあるように。


 


負けて退く人をよわしと思うなよ。知恵の力の強きゆえなり。


 


真の楽しみは苦しみの中にこそある。


 


雑念をやめ静かなときも動くときも心を同じにするのがよい。何かひとつだけのことを考えるならば雑念が自然となくなり、素早く実行できる。


 


直言実行、傍若無人、死を恐れない気迫があるからこそ、国のために深謀深慮の忠も尽くせるのだ。


 


天地も人も皆気のみである。気を養えば、人間あとは行動に移すのみだ。


 


「朝に人としての道を悟ることができれば、その晩に死んでも悔いはない」という事こそが人の道である。人としての努力をすることもなく、ただ死に向かうのは人の道ではない。


 


国のために家が潰れても、家などは軽いものである。世間が僕を狂っているといっても構わない。


 


僕の志は国家を安泰にし、君主の気持ちを安心させることにある。そのために昼も夜も努力する。自分が非難を受けることを考える暇などないのだ。


 


強い百万の軍勢を恐れなくても、弱い一人の民は恐れるのが武士の本領である。


 


友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態、困難の状況の時に分かる。


 


同志と共に国を作ろうとしている。曲がった国が真っ直ぐになるのはいつか分からない。その苦労は死んでからじっくりと味わおう。


 


古くから天下のことを行う者は、大義を本分とし、決して他人に左右されることなく、断固として志を貫く。禍福や死生によって気持ちが揺れ動いたりするものではない。


 


世間の人々は名誉や利益を追って走っている。そんな時代に利益や名誉を捨てる僕のようなものが他にいるだろうか。僕はたとえ牢で死んでも恨みはない。


 


過ちを改めれば、それは過ちではないのだ。


 


戦いは一日早ければ一日の利益がある。まず飛びだすことだ。思案はそれからでいい。


 


少年の頃、読んだ本に「学問を成すなら世間から利口と思われる人になるな。世間から愚者と思われる人になれ。」とあったので世間から愚者と思われる人になろうと僕は願った。


 


シャクトリムシのように身を屈するのも、いずれは龍のように伸びるためだ。そのためには、奴隷になっても、下僕になっても構わない。


 


人間というのは困難は共にできる。しかし富貴は共にできない。


 


人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。だから、おれは困ったの一言は吐かない。

タグ