トーマス・エジソン

トーマス・エジソン
発明家
トーマス・アルバ・エジソンは、アメリカ合衆国の発明家、起業家。 日本では長らく「エジソン」という表記が定着していたが、近年は "di"を意識して「エディソン」「エディスン」と表記する場合もある。 ウィキペディア
生年月日: 1847年2月11日
生まれ: アメリカ合衆国 オハイオ州 ミラン
死没: 1931年10月18日, アメリカ合衆国 ニュージャージー州 ウェストオレンジ
子: チャールズ・エジソン、 セオドア・エジソン、 もっと見る
設立団体: ゼネラル・エレクトリック、 モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー、 Edison Records
親: サミュエル・オグデン・エディソン・ジュニア、 ナンシー・マシューズ・エリオット
トーマス・エジソン.jpg
名言-

失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。
私は何も発明していない。私の夢が発明したのだ。
困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。
多くの人によって、チャンスが見過ごされるのは、それが作業着を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ。
私は失敗したことがない。ただ、一万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は騒動のうちになされる。
手に入れる価値があると判断したら、私はそれを手に入れるまで何度も何度も挑戦する。
私は今までちょっとした偶然で何か値打ちのある事を成し遂げたこともないし、私の数々の発明のどれも偶然に成されたものはなかった。それはただ働く事によってできたものである。
人生で失敗した人たちの多くは、あきらめたときに成功までどれ程近づいていたかを悟っていなかったのだ。
大抵の人たちは、それ以上アイデアをひねり出すのは不可能という段階までくると、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからなのに。
もし自分にできることをすべて実行すれば、その結果に文字通り、びっくり仰天することだろう。
決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ。
いちばんいけないのは、あきらめること。成功するためには、とにかくもう一度チャレンジしてみればいい。
人間の最大の欠陥はすぐにあきらめることにある。成功するための最善の方法は、もう一度やってみることだ。
人間が臨終に際して、子孫に熱狂的精神を伝えることができれば、無限の価値ある財産を残したことになる。
絶えず変化を求める気持ちと不満こそが、進歩するために最初に必要となるものである。
天才とは1%のひらめきと、99%の発汗である。
発明とは、それが人類にとって本当に必要なものなのかを判断する能力である。
作ったものが計画通りに機能しないからといって、それが無駄とは限らない。
それは失敗ではなく、その方法ではうまくいかないことがわかったのだから成功である。
他の発明家の弱点は、ほんの一つか二つの実験でやめてしまうことだ。わたしは自分が求めるものを手に入れるまで決してあきらめない。
私は実験において失敗など一度たりともしていない。この方法ではうまく行かないということを発見してきたのだ。
成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。
休むことはさびることである。
わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。
良いアイデアは、体を動かすことから生まれる。
大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。もっともらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。
心配をまぎらわすには、ウイスキーより仕事のほうが役に立つ。
売れないものは発明したくない。売れることが実用性の証明であり、実用性が成功を意味する。
ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。
待っていればすべてあちらからやって来ると言われるが、やって来るのはどんどんやる人間が残したものばかりだ。
完璧だと思っても、もうひと押しすれば、おまけが手に入る。
さらによい方法がある。それを見つけよ。

タグ