アルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタイン
理論物理学者
アルベルト・アインシュタインは、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。 ウィキペディア
生年月日: 1879年3月14日
生まれ: ドイツ ウルム
死没: 1955年4月18日, アメリカ合衆国 ニュージャージー州 プリンストン
影響を与えた人: アイザック・ニュートン、 マハトマ・ガンディー、 もっと見る
配偶者: エルザ・アインシュタイン (1919年 - 1936年)、 ミレヴァ・マリッチ (1903年 - 1919年)
子: エドゥアルト・アインシュタイン、 ハンス・アルベルト・アインシュタイン
アルベルト・アインシュタイン.jpg
名言-

スマートに解決できたことなんてない。ただ、私はじっくりと長く取り組んでいただけだ。
情報は知識にならない。経験が知識になる。
美人にキスしながら安全運転ができる人間は、キスに十分集中していない。
間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ。
人生にはたった二つの生き方があるだけだ。一つは奇跡などないかのような生き方、もうひとつは、まるですべてが、奇跡であるかのような生き方だ。
常識とは十八歳までに身につけた、偏見のコレクションのことをいう。
私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。
未来は今がつくる。
学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。自分の無知に気付けば気付くほど、よりいっそう学びたくなる。
私は頭が良いわけではない。ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけである。
昨日から学び、今日を生きて、明日に希望を持て。大切なのは、疑問を持ち続けることだ
われわれが進もうとしている道が、正しいかどうかを、神は前もって教えてはくれない。
知性は、方法や道具に対しては、鋭い鑑識眼を持っているが、目的や価値については盲目だ。
学校で学んだことを、一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ。
無限なものは二つある。宇宙と人間の愚かさ。ただし前者については断言できない。
想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。
人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。
宗教抜きの科学は愚かであり、科学抜きの宗教は盲目である。
ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。
愚者と天才の違いといえば、天才には限度があるということだ。

知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ。
科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。
現実は単なる幻想にすぎない。ただし非常にしつこいものではある。
第3次世界大戦では、どんな武器を使って戦われるか分からない。しかし第4次世界大戦では、おそらく棒と石を持って人々は戦うだろう
宇宙について最も理解しがたいことは、それが理解可能だということである。
人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。
一見して人生には、何の意味もない。しかし一つの意味もないということは、あり得ない。
成功する人間になろうとせず、むしろ価値ある人間になろうとせよ。
成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ。
我々の直面する重要な問題は、その問題を作ったときと同じ考えのレベルで解決することはできない。
私は何ヶ月でも、何年でもひたすら考える。九十九回目までは、答えは間違っている。百回目でようやく、正しい結論にたどり着く。
簡素で高ぶらない生活の仕方は、だれにとっても最上のものである。肉体のためにも精神のためにも最上のものである、と私は信じている。
人間にとって最も大切な努力は、自分の行動の中に道徳を追求していくことだ。
人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。
聖なる好奇心をもちたまえ。人生を生きる価値のあるものにするために。
天才とは努力する凡才のことである。
人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないことだ。普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。
蝶はモグラではない。しかし、そのことを残念がる蝶はいないだろう。
可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである。
人間性について絶望してはならない。なぜなら私達は人間なのだから。

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。
賞賛による堕落から逃れる方法は、ただひとつしかない。仕事を続けることである。
一日百回は、自分に言い聞かせる。私の精神的ならびに物質的生活は、他者の労働の上に成り立っているということを。
教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく、貴重な贈り物だと感じられるようなこと、であるべきだ。
人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし自分が正しく賢明に振る舞うことはむずかしい。
結果というものにたどりつけるのは、偏執狂だけである。
真実とは、経験という試練に耐える物のことである。
理詰めで物事を考えることによって、新しい発見をしたことは、私には一度もない。
私の成功の秘訣がひとつだけあるとすれば、ずっと子供の心のままでいたことだ。
物事はすべて、出来るだけ単純にすべきだ。
ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という。
何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。
大切なことは質問をやめないことだ。好奇心こそ我々の存在を示すものなのだ。
やりたいことがあったなら、やってみることだ。
いい発見といいジョークは何度も言わない方がいい。
人間が恋に落ちるのは重力のせいではない。
唯一の救いは、ユーモアのセンスだけだ。これは、呼吸を続ける限りはなくさないようにしよう。
私たちはいつか、今より少しは物事を知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。
この素晴らしい応用科学は労働を軽減し、生活をより豊かにしながら、なぜ我々に幸福をもたらしてくれないのか。答えは簡単である。我々がそれを有意義に利用するにいたっていないからである。
その力を社会が直面する諸問題の解決に役立たせるべく、自ら考え行動できる人間をつくること、それが教育の目的といえよう。

人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。
暴力が障害物を速やかに一掃してしまうことはある。しかし、暴力そのものが創造的であると証明されたことは一度もない。
死ぬということは、モーツアルトを聴けなくなるということだ。
私たちは知性を神格化しないよう十分注意しなくてはならない。
私にはよいアイディアが浮かぶが、他の人もそうだ。ただ私の場合、幸運だったのは、そのアイディアが受け入れられたということだ。
精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければならない。
私は自然について少し理解しているが、人間についてはほとんどまったく理解していない。
人間の真の価値は、おもに自己からの解放の度合いによって決まる。
私に畏敬の念をいだかせるものは二つある。星がちりばめられた空と、内なる倫理的宇宙だ。
別に深く考えなくても、日常生活の中で、私たちは他の人々のために生きているということがわかる。
自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見だせない人は、単に不幸であるばかりでなく生きるのに向いていないと言える。
人は、現実に直面したとき、知性がいかに不十分であるかということを はっきりと知覚するに足るだけの知性は、与えられているものだ。
不運は、幸運とは比較にならないほど、人間によく似合っている。
人はみな、神や人類を満足させるために、ときには、愚かさの生贄にならなければならない。
ああ、悲しいかな。エゴと競争心は、公共心と義務感より強い。
人はみな、自らの宇宙論をもっている。そして誰もが、自分の理論は正しいということができる。
偉大な人々は常に凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきた。
身を切るような体験を通して、私たちは学んだ。合理的に思考したからといって、社会生活に生じる問題が全て解決できるわけではない、ということを。
審理や知識の領域において裁判官になろうとする者はみな、神々の笑いによって難破してしまう。
われわれは色々なことをするが、何故そうするのかは知らない。

タグ