スタンダール

Stendhal.jpg

スタンダール
Stendhal
小説家
生年月日: 1783年1月23日
生まれ: フランス グルノーブル
死没: 1842年3月23日, フランス パリ
著書: 赤と黒、 パルムの僧院
兄弟: ポーリーン・ベイル

-名言-
天才の特徴は、凡人がひいたレールに自分の思想をのせないことだ。
One of the traits of genius is not to drag its thought through the rut worn by vulgar minds.

恋が芽生えるには、ごく少量の希望があれば十分である。
A very small degree of hope is sufficient to cause the birth of love.

人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる。できごとを健全に判断することは、幸福への大きな第一歩である。
Almost all our misfortunes in life come from the wrong notions we have about the things that happen to us. To know men thoroughly, to judge events sanely, is, therefore, a great step towards happiness.

人はあらゆるものを孤独の中で獲得することができるが、性格は別である。
One can acquire everything in solitude – except character.

恋は他の感情とは違って、未来の期待よりも、過ぎ去った過去の記憶ほうがつねにまさるのである。
In love, unlike most other passions, the recollection of what you have had and lost is always better than what you can hope for in the future.

恋の喜びはいつも、不安の大きさに比例する。
The pleasures of love are always in proportion to our fears.

美は、幸福の約束にすぎない。
Beauty is nothing other than the promise of happiness.

人生はあまりにも短く、そして退屈し浪費した時間は決して取り戻すことができないのだ。
Life is too short, and the time we waste in yawning never can be regained.

歴史家に必要な第一の要件は、発明するという能力を持たないことだ。
The first qualification for a historian is to have no ability to invent.

女に愛されていることが確かであると、男は、彼女が他の女より美しいか、美しくないかを検討する。女心がわからないと、顔の事など考える暇がない。

上品ぶった態度は貪欲の一種であり、最悪の貪欲である。
Prudery is a kind of avarice, the worst of all.

愛は私の人生で最も大切なものであり、唯一のものであろう。
Love has always been the most important business in my life; I should say the only one.

私は自分の尊敬するものしかおそれない。

絶世の美人は二日目にはそれほど人を驚かさない。彼女の値打ちは誰にでもわかり、装飾品になっているのだから、彼女たちの恋人のリストには馬鹿のほうが多く数えられるに違いない。王族とか百万長者とか。

君が僕を愛していなくてもかまわない。とにかく僕は、僕ら二人のために愛することはできる。
If you don’t love me, it does not matter, anyway I can love for both of us.

恋には四つの種類がある。情熱の恋、趣味の恋、肉体の恋、虚栄の恋。

愛情には一つの法則しかない。それは愛する人を幸福にすることだ。

男は、俗っぽい女が与え得るすべてのものを受け取るより、いつの日か愛する女に気に入られるという、きわめて当てにならない機会を夢見るほうを好む。

一目で惚れられるためには、男の顔の中に、何かしら、相手の女性に尊敬させるものと同時に、憐憫の情を感じさせる何かがなくてはならないのである。
To be loved at first sight, a man should have at the same time something to respect and something to pity in his face.

広く好かれれば好かれるほど、深く好かれないものだ。

少しでも気取った男は不幸である。たとえ恋しているときでも、ありったけの才知を傾けても、自分の有利な点の四分の三を失う。一瞬でもつい気取ってしまうと一分後にはしらけた瞬間がやってくる。

偉人は鷲のようなものだ。高く上れば上るほど、人からは見えなくなる。孤独は偉大になるための代償なのだ。
A great man is like an eagle; the higher he goes, the less you see of him, and loneliness is the price he pays for being great.

友情には恋愛と同様に勘違いがある。
Friendship has its illusions no less than love.

恋が生まれるまでは、美貌が看板として必要である。

いっさいのよい議論は人を立腹させる。

恋愛は大臣の椅子のように、簡単に手に入れることのできない一つの幸せな未来である。

廃れた流行ほどゾッとするものはない。
Nothing is so hideous as an obsolete fashion.

神のできる唯一の弁解は、神が存在しないということだけだ。
God’s only excuse is that he does not exist.

幸福がこの上なく大きい場合には微笑と涙が生まれる。

いとしい女にはあんな長所、こんな長所があると君が信じて疑わないのは、ひとえに想像力のなせるわざである。

高慢な女は自尊心から嫉妬を移す。

われわれが経験しうる、いつまで経っても変わらぬ最も長続きのする喜びは、自己に満足するという喜びだ。

われわれの本来の感情は利己的だ。
Our true passions are selfish.

恋愛が与えうる最大の幸福は、愛する人の手をはじめて握ることである。

急な山を登りつめて頂上に腰をおろす旅人は、ほっと一息いれるのが限りない喜びであるが、もし、永久にそうやって休息していろと無理強いされたら、彼は幸福であるだろうか。

人間がこの世に存在するのは、金持ちになるためではなく、幸福になるためだ。

すべての人を楽しませようとすればするほど、心から楽しませることができなくなる。
The more one pleases everybody, the less one pleases profoundly.

恋というものはなんと恐ろしい情熱だろうか。それなのに世間の嘘つきどもは、恋をあたかも幸福の源泉のように言っている。

涙は極端な微笑である。

君のいない天国よりも、君のいる地獄を選ぶ。

女性はつねにあらゆる感情に余念なく警戒する。
Women are always eagerly on the lookout for any emotion.

恋とは甘い花のようなものである。それをつむには恐ろしい断崖の端まで行く勇気が無ければならない。

幸福は伝染するものだ。もし幸福になろうと思うなら、幸福な人々の中で生きたまえ。

恋敵に関しては、中庸を得るということはない。

羊飼いはいつも羊たちに、お前たちの利害と自分の利害とは同一だ、と説得しようとする。
The shepherd always tries to persuade the sheep that their interests and his own are the same.

僕の魂は、もし燃え上がらなければ苦しむ業火なのです。

確固たる性格を持つには、自分に対する他人の影響を経験したことがなければならない。

精神のいちばん美しい特権の一つは、老いて尊敬されることである。

羞恥心の効用は、それが恋愛の母であるということである。

ロシア人はフランス流を模倣するが、つねに50年遅れている。
The Russians imitate French ways, but always at a distance of fifty years.

恋はうぬぼれと希望の闘争だ。

金を分かち合えば愛を増し、金を与えれば愛を殺す。

人は独創的でなければ大物にはなれないが、大物でなくても独創的にはなりうる。

小説というものは大道に沿うてもち歩かれる鏡のようなものだ。諸君の眼に青空を反映することもあれば、また道の水溜りの泥濘を反映することもあろう。
A novel is a mirror carried along a high road. At one moment it reflects to your vision the azure skies at another the mire of the puddles at your feet.

愛する人と共に過ごした数時間、数日もしくは数年を経験しない人は、幸福とはいかなるものであるかを知らない。

情熱を持って恋したことのない人間には、人生の半分、それも美しいほうの半分が隠れされている。

憎悪にも結晶作用がある。恨みをはらせる希望が出てくると、あらためて憎みはじめるのだ。

幸せを言葉で語ると幸せを減らしてしまう。
To describe happiness is to diminish it.

恋においては、われわれの虚栄心はあまりにたやすい勝利を軽蔑するものであり、どの種類の恋でも、男は向うから差し出されたものの価値を誇大視するものではない。

軽蔑というのは、馬鹿丁寧な言葉のうちに、いつも巧みに隠されている。

恋においては所有することは無意味であり、享楽することがすべてだ。

旅の最大の悦びは、おそらく事物の変遷に対する驚嘆の念であろう。

恋して幸せなひとには、熱烈さがある。
People happy in love have an air of intensity.

自分に欠けているものを過大に考えると不幸になる。

人は、恋をしてはじめて、すべての子供らしさから脱皮する。

文学において政治とは、コンサートの最中に発射された拳銃のように耳障りで忌まわしいものであるが、しかし無視することもできないものである。
Politics in a literary work, is like a gun shot in the middle of a concert, something vulgar, and however, something which is impossible to ignore.

恋は熱病のようなのもである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。

最も賢明なことは、自分を自分の打ち明け相手にすることである。

私が結晶作用というのは、つぎつぎに起るあらゆる現象から、愛するものの新しい美点を発見する精神作用のことである。

恋をすると、すぐ身近に、いくら願っても手の届かない、とてつもなく大きな幸福があるような気がする。しかもその幸福は、ただ一つの言葉、一つの微笑みにのみ左右される。

彼らが良識と呼んでいるものは、老化現象の始まりに過ぎない。

老年の運命は、男女を問わず、青春をどのように使ったかにかかっている。

暴君に最も都合のよい観念は神の観念である。

羞恥心の欠点は、絶えず嘘をつかせることである。

達人のみが平易な文体をうみだす。

Only great minds can afford a simple style.

よい教育とは、後悔を教えることである。後悔は予見されれば、天秤にひとつの重みを置く。

恋の喜びは愛することにある。人は相手に起こさせる情熱よりもみずから感じる情熱によっていっそう幸福になる。

子供は涙で命令し、聞いてもらえないと、わざと自身を傷つける。

僕の魂は、もし燃え上がらなければ苦しむ業火なのです。

タグ