ウィリアム・シェイクスピア

ウィリアム・シェイクスピア.jpg

ウィリアム・シェイクスピア
劇作家
生年月日: 1564年4月
生まれ: イギリス ストラトフォード=アポン=エイヴォン
死没: 1616年4月23日, イギリス ストラトフォード=アポン=エイヴォン
配偶者: アン・ハサウェイ (1582年 - 1616年)
映画: 恋のからさわぎ、 ロミオ+ジュリエット、 ハムレット、 乱、 から騒ぎ
-名言-
臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。
Cowards die many times before their deaths; The valiant never taste of death but once.

簡潔こそが英知の真髄である。
Brevity is the soul of wit.

逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。
Sweet are the uses of adversity, Which, like the toad, ugly and venomous, Wears yet a precious jewel in his head.

愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。
A fool thinks himself to be wise, but a wise man knows himself to be a fool.

女はバラのようなものでひとたび美しく花開いたらそれは散る時である。
Women are as roses, whose fairflower being once displayed, doth fall that very hour.

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。
You gods, will give us. Some faults to make us men.

人生は歩く影にすぎない。
Life is but a walking shadow.

誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。他人の意見をよく聞き、だが判断は差し控えておくこと。
Give every man thy ear, but few thy voice; Take each man’s censure, but reserve thy judgement.

肥えた土ほど雑草がはびこるものだ。
Most subject is the fattest soil to weeds.

父親というのは、自分の子どものことは分からないものだ。
It is a wise father that knows his own child.

恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。
Love like a shadow flies when substance love pursues; Pursuing that that flies, and flying what pursues.

栄光は水面の輪のようなものだ。輪は広がりすぎて消えてしまうまで、どんどん大きくなり続けるからである。
Glory is like a circle in the water, Which never ceaseth to enlarge itself. Till, by broad spreading it disperse to nought.

楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。
The labor we delight in cures pain.

期待はあらゆる苦悩のもと。
Expectation is the root of all heartache.

金の貸し借りをしてはならない。金を貸せば金も友も失う。金を借りれば倹約が馬鹿らしくなる。
Neither a borrower nor a lender be; For loan oft loses both itself and friend, And borrowing dulls the edge of husbandry.

行動は雄弁である。
Action is eloquence.

真の恋の道は、茨の道である。
The course of true love never did run smooth.

人生は、二度繰り返される物語のように退屈である。
Life is as tedious as a twice-told tale.

全世界は一つの舞台であって、すべての男女は、その役者にすぎない。それぞれ舞台に登場してはまた退場していく。人はその時々にいろいろな役を演じる。舞台は年齢によって七幕に分かれているのだ。
All the world’s a stage, And all the men and women merely players: They have their exits and their entrances; And one man in his time plays many parts, His acts being seven ages.

悲しみは独りではこない、必ず連れを伴ってくる。その悲しみの跡継ぎとなるような連れを。
One sorrow never comes but brings an heir. That may succeed as his inheritor.

不幸を治す薬は希望より外にない。
The miserable have no other medicine but only hope.

恋の始まりは晴れたり曇ったりの4月のようだ。
O, how this spring of love resembleth. The uncertain glory of an April day!

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。
The worst is not, So long as we can say, ‘This is the worst.’

外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。
So may the outward shows be least themselves; The world is still deceived with ornament.

眼前の恐怖も想像力の生みなす恐怖ほど恐ろしくはない。
Present fears. Are less than horrible imaginings.

求めて得られる恋もよいものだが、求めずして得られる恋のほうが、なおのことよいのである。
Love sought is good, but given unsought, is better.

計算された恋は卑しいものだ。
There’s beggary in the love that can be reckoned.

小さなろうそくがなんと遠くまで照らすことか!このように、善行も汚れた世界を照らすのです。
How far that little candle throws his beams! So shines a good deed in a naughty world.

人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。
There is a tide in the affairs of men. Which, taken at the flood, leads on to fortune; Omitted, all the voyage of their life. Is bound in shallows and in miseries.

生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ。
To be, or not to be: that is the question.

敵のおかげでいいめを見、友だちのおかげで悪いめを見てるところだ。
The better for my foes and the worse for my friends.

貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。
Poor and content is rich and rich enough; but riches endless is as poor and winter to him that ever fears he shall be poor.

物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる。
There is nothing either good or bad, but thinking makes it so.

恋は盲目で、恋人たちは恋人が犯す小さな失敗が見えなくなる。
Love is blind, and lovers cannot see the pretty follies that themselves commit.

いかに美しいものでも行為によっては醜怪になる。腐った百合は雑草よりひどい臭いを天地に放つ。

お前は熊から逃れようとしている。しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会ったら、もう一度獣の口のほうに引き返すのか?

どうとでもなれ、どんな大嵐の日でも、時間は経つ。

ひとつの顔は神が与えてくださった。もうひとつの顔は自分で造るのだ。

まず計画はよく行き届いた適切なものであることが第一。これが確認できたら断固として実行する。ちょっとした嫌気のために、実行の決意を投げ棄ててはならない。

愛は万人に、信頼は少数に。

暗闇はなく、無知があるのみ。

俺は名誉なんかほしくない。名誉は葬式の紋章にすぎない。

過ぎ去った不幸を嘆くのは、すぐにまた新しい不幸を招くもとだ。

喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。

賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。

後悔する!それこそ卑怯で女々しいことだ。

今晩一晩は我慢しなさい。そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。そして、その次はもっと楽になる。

時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ。

嫉妬に御用心なさいまし。嫉妬は緑色の目をした怪物で、人の心を餌食にしてもてあそびます。

習慣も大事だが、なかには守るより破ったほうがいいものもある。

人とは何か?寝て食うだけが取り柄なら、獣と同じその一生。

人より早く成功する奴は、ダメになるのも早い。

生みの親をないがしろにするようでは、自然にもとり、人の道を守れるはずはない。

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる。

天使にも似た悪魔ほど人を迷わすものはない。

不運ばんざい!運の女神に見放され、この世の最低の境遇に落ちたなら、あともう残るのは希望だけ、不安の種も何もない!

望みなしと思われることもあえて行えば、成ることしばしばあり。

無学は神の呪いであり、知識は天にいたる翼である。

あの人は本当は頭がいいから阿呆の真似ができるのね。上手にとぼけてみせるのは、特殊な才能だわ。

お前の光は、今、何処にある。

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ。

のんき者は長生きする。

ぼんやりしている心にこそ恋の魔力が忍び込む。

ものを言わぬ宝石のほうが、どんな人間の言葉よりも、とかく女心を動かすものである。

安心、それが人間の最も近くにいる敵である。

王者に安眠なし。

何もしなかったら、何も起こらない。

頑固な人には、自ら招いた難儀がいちばんよい教師になるにきまってます。

橋は大水のときの川幅より長くなくともよい。いま必要なものの用に応じてこそ、格好がよいというもの。役に立つことが、まず肝要だ。

言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する。

今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。

失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。

弱いものを救い上げるだけでは十分ではない。その後も支えてやらなければ。

小雨はいつまでも降り続くが、大嵐はあっという間だ。早く馬を走らせるものは、また早く馬を疲れさせもする。

人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。

正直なほど富める遺産はない。

戦いを交えるに当たっては、その唯一の目的が平和にあることを忘れてはならない。

天は自ら行動しない者に救いの手をさしのべない。

備えよ。たとえ今ではなくとも、チャンスはいつかやって来る。

豊かさと平和は、臆病者をつくる。苦難こそ強さの母だ。

慢心は人間の最大の敵だ。

あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。

お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。

たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる。

とじこめられている火が、いちばん強く燃えるものだ。

ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。

まったく想像力でいっぱいなのだ。狂人と、詩人と、恋をしている者は。

悪口を言われて我が身を正すことの出来る人間は幸せと言うべきだ。

運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。

音楽が何のために存在するかさえご存知ないらしい。勉強や日々の仕事が終わった後、疲れた人の心を慰め元気づけるために音楽はあるのではないか?

快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれたやさしい、なつかしい看護婦である。

輝くもの、必ずしも金ならず。

険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。

今は、男らしさも腰をかがめて礼儀正しさに成り下がり、勇気も相手を誉める言葉を争うだけ。男という男は舌の先だけになってしまった、気の利いたことを言う舌に。

今望んでいるものを手にして、何の得があろうか。それは夢、瞬間の出来事、泡のように消えてしまう束の間の喜びでしかない。

自然でない行いは、自然でない混乱を生む。

嫉妬をする人はわけがあるから疑うんじゃないんです。疑い深いから疑うんです。

所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。

人の傷を笑うのは、傷の痛みを感じたことのないやつだ。

成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。

誠の恋をするものは、みな一目で恋をする。

敵のため火を吹く怒りも、加熱しすぎては自分が火傷する。

避けることができないものは、抱擁してしまわなければならない。

不幸というものは、耐える力が弱いと見てとると、そこに重くのしかかる。

本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、真実の恋は滑らかに運んだためしがない。

恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。

タグ